2016年01月01日

年頭のごあいさつ 2016年元旦

皆さま、新年の出だしは如何でしょうか。
あっという間に1月も真ん中になってしまいました。
今年最初のブログ更新内容として、
JFB+Hかむろ真鶴主宰、かむろ真鶴の
年頭のごあいさつをご紹介させて頂きます。
今年も話題の尽きないかむろスタジオ。
宜しくお願い致します。

------------ 

あけましておめでとうございます。
ご家族が揃うお正月。皆様、どのようにお迎えになられましたか。
家族が集う、おせちが並ぶ。
それぞれが持ち寄るつきない話題が飛び交う。
その賑わいにご先祖さまも参加するお正月は、
私たちに「この家に生まれてよかった、日本人でよかった」
そんなおおらかな幸福感で満たしてくれます。
 
本当に、お正月には不思議な力があって、
初詣に出かけよう、いい年にしたいと人の心を動かします。
なかなか日々に追われる私たちに「一年の計は元旦にあり」、
と目標を持つことが大事であることを思い起こさせます。
 
この一年が、皆様とともに無病息災、平和であること祈念し、
私たち一人ひとりがもつ夢の成就に
少しでも近づけるいい年になりますように願います。

 
ここで、新年にあたりスタジオの抱負をお伝えします。
今年のダンスフェステイバルは特別な年となります。
長岡市立劇場の大工事で
例年7月のダンスフェステイバルが4月になります。
長年開催のリズムが変わる不都合さがありますが、
過去にない素敵なことが起きました。
 
それは、今年のダンスフェステイバルに
昨年卒業のJ&Bアカデミー生が(ジャズ生4名、バレエ生5名)
出演参加します。皆さんは本当に踊りが好きで、
沢山頑張ってきた人たちですからうれしいことこの上なしです。
 
そこで、これを機に2016年ダンスフェステイバルは
「パレード」を発表会、
ゲスト、振付者を中央から迎えて行う「アカデミック」を公演と
位置付けします。
また、全幕物の古典バレエを開催します時は、「本公演」と位置づけ、
こうして舞台の格調を上げて行きたいと思います。
 
これからもこうした弛みない自助努力によって
ダンス文化に期待する皆様に
喜んでもらえる舞台づくりを目指してまいります。

 
昨年は、スタジオ創立35年周年という大行事があった後だけに
いつまでも行事に追われているような年でした。
「花いっぱい音楽祭」への出演、
新潟スタジアムでのアルビレックスVS浦和レッズの応援ダンス、
東京バレエ団の「眠れる森の美女」出演、
新潟県舞踊協会に出演、
県央主催「くるみ割り人形」出演など沢山の舞台で活躍しました。
 
今年もご声援よろしくお願い申し上げます。
 
               JFB+H 代表 かむろ真鶴 

16010101
 


jfbhkamuro at 00:39│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ホームページのご案内
スタジオ所在地・レッスンスケジュール・料金案内などはJFB+Hかむろ真鶴ホームページをご覧ください。