キレイの作り方

2014年03月18日

『首筋のキレイ』

すらっと伸びた首筋に憧れたことはありませんか?
足はスカートで隠せても、首筋はなかなか隠せないもの。
厚手のタートルネックセーターを着てみても、
結構首のラインが出てしまいますよね…

私もなんせ、猫背気味。
気が付くと首が肩に埋まってしまってる
残念な姿勢の持ち主です。
しかも最近、
ふと両手を肩の高さにあげて広げてみたところ、
とんでもなく肩の筋がビリビリとなりました!
なんでしょうか、このビリビリは!
昔(体育の授業があった学生の頃)は、
両手を広げるくらいではダメージはなかったはずなのですが… 
このまま姿勢に気を付けずにいるとマズいかも?とちょっと恐ろしくなりました。

ということで、マズいと思ったその日から意識改革!
ちょっとした「キレイの作り方」をスタジオの先生方に教わることにしました!

両手を広げて広げるだけでビリビリしているようでは
ちょっとおこがましいのですが、
最終的には少しでもすらりとした首筋に近づきたい!

そのために気を付けるべきところは2点。

1 頭を引き上げる

まずは、頭を引き上げます。
親指をこめかみあたりに、
人差し指をうなじよりも上のちょっとしたくぼみにあて、
上にひっぱりあげる。

もしくは耳のココを
140317
まっすぐ上よりもすこし後ろにむかって
引っ張りあげます。
その時、肩が一緒に上がってしまうのではなく、
首を長く伸ばすような気持ちで行ってください。

2 肩甲骨を下げる

頭を引き上げ、首を伸ばしている状態で、
今度は肩を下げます。
日本人はちょっと前かがみの姿勢の方が多いので、
そのまま落とすのではなく、少し胸を張り、
肩を落とすというよりも、
肩甲骨を下にひっぱるような感じにするとよいとのことです。

先生方も、日々そのように意識しているとのこと。
やはり毎日の積み重ねが大切なんですねー。
といいつつ、気を抜くと首が肩にめり込んでしまっているわけですが…
「始めるのに遅いということはない」という言葉に励まされつつ、
これからちょっと気を付けてみたいと思います!

実際にやってみてちょっとわからないなぁと思ったら、
ぜひレッスンに来てみてください。
先生が頭を持ち上げてくれます。

パスタイムバレエ
 長岡センタースタジオ(日曜日10:00~・木曜日12:00~・金曜日20:00~)
 長岡イオンスタジオ(火曜日10:30~)
 小千谷スタジオ(月曜日19:30~)
 六日町スタジオ(月曜日19:30~
 小出スタジオ(火曜日19:00~)

スタッフ・清水 


jfbhkamuro at 22:18|PermalinkComments(0)
ホームページのご案内
スタジオ所在地・レッスンスケジュール・料金案内などはJFB+Hかむろ真鶴ホームページをご覧ください。